Anker iPad mini ウルトラスリムキーボードカバー買いました

iPad などのタブレット端末は何かと重宝しますが、文字入力がどうしても不便です。

そこで持運びにも適したキーボードがないかと探してみたところ、お手頃な価格でカバーとしても使えるこちらの商品を購入しました。

Anker iPad mini  ウルトラスリムキーボードカバー

シンプルな箱に収められており、中身もかなりシンプル。

シンプルな箱 中身もシンプル

本体の他に、取扱説明書、滑り止めシール2セット、充電用microUSBケーブルが付属してます。

本体と取扱説明書、滑り止めシール 充電用microUSBケーブル

本体の色はシルバー

背面はシルバーで金属っぽく見えますがプラスチック製です。同じくシルバーのiPadと組合わせるとかなりの一体感が生まれると思われます。

シルバーな背面

残念ながら僕のiPad miniはスペースグレイですが、それでもあまり違和感はないと思います。

iPad miniと合体 わかりづらいけど合体

マグネットギミック搭載

マグネット搭載で、Smart Coverの用にiPad側面に装着できます。またカバー開閉による本体のスリープON・OFFも可能です。

装着したまま開いた状態

上記画像でわかると思いますが、適度な角度で固定ができません。故にいちいち外してキーボードの溝に挿し込む必要があります。また、差込んだ状態だとわりと急な角度になるため、別途タブレットスタンドなどがあるとSo Goodです。

適当なスタンドを所持していないため、右の画像ではSmart Coverと組み合わせてみました。

キーボード本体の溝にiPadを挿し込みます Smart Coverとのコラボレーション

滑り止めシールで安定

そのまま使用すると、置く場所の素材によっては滑ってズレてしまいます。そこで付属の滑り止めシールをバランスよく貼付けましょう。シールは2セット同梱されています。

付属の滑り止めシール バランスよく4カ所に貼付けます

無理矢理だけどSmart Coverと同居も可能

結構無理してるように見えますが、わりと余裕を持ってSmart Coverを挟み込む事ができます。キーボードカバーのマグネット部分が、Smart Coverのマグネット部分に合体。

以外とくっつくマグネット ハンバーガーのようだ

折り畳むとハンバーガーのようですね。見た目的にも無理がありますが可能ですよってことで(苦笑

使い心地

キーボードの基本スペックは以下の通り。

  • サイズ:210mm x 140mm x 8mm
  • 重さ:211g
  • Bluetooth:3.0
  • キーピッチ:13mm
  • 連続使用時間:100時間

僕は普段JIS配列のキーボードを使用しているため、US配列アレンジにあたふたしてしまいますが、US配列使いであれば早く慣れると思います。

小型ながらも15mmピッチを実現してはおりますが、普段は普通サイズのキーボードをお使いの方にはちょいと窮屈かもしれません。

また僕だけかもしれませんが、Enterキー(なぜかMac風なのにReturnじゃない)がDeleteキーより小さいため、押し間違いが発生します。

Enter小さい

僕の満足度

やはり大きさがネックですがまずまずな満足度です。

何事も慣れ、大事。

またiPad miniと組み合わせて持ち歩くと合計500gを超えてしまうため、軽さのメリットが少々行方不明になります。

小さいなりのデメリットがありますが、3000円前後で買えるため1つあっても損はないと思います。

耐指紋性撥油コーティング「Fusso TabletPC」を買いました

ども、滑りの良いフィルターが好きな僕です。

三種の神器最後のアイテム「液晶保護」。
いつもはフィルターを貼るのですが、
今回は評判の良いこちらのアイテムを購入しました。

株式会社アピロス製耐指紋性撥油コーティング「Fusso TabletPC」

株式会社アピロス製耐指紋性撥油コーティング「Fusso TabletPC」

今回は容量が多いTabletPC用を買いましたが、
容量が少なく値段も安い「Fusso SmartPhone」もあります。

Fusso TabletPCの同梱品

Fusso TabletPCのパッケージ内容

  • Fusso TabletPC本体
  • クリーニングクロス
  • 取扱説明書

構成はとてもシンプルですね。
なにやら難しそうですが、付属の説明書を通りにやれば簡単に塗れます。

 

いざ、フッ素コーティング

1週間経たずに引退、ブルーライトカットフィルム

フッ素コーティングするのはもちろんiPhone 5。
折角薄く軽くカッコいいので、今回は全裸使用が目的。

写真はELECOM製のブルーライトカットフィルム貼ってます。
1週間経たずに引退ですが場つなぎとしては良い仕事してました。

指紋汚れの拭き取り具合いまいちだったけどね!

簡単な手順はこちら。

  1. 付属のクロスで液晶の汚れを拭き取る
  2. 液を10〜15滴たらす
  3. ティッシュを使って満遍なく伸ばす
  4. 上記を2〜3回繰り返す
  5. 塗り終わったら8〜10時間放置

液をたらす行程が思いのほか難しく、
力加減がわからなくてドバーってやっちゃいました(ノ∀`)

5mlで2500円くらいするもんだから、
なんだかもったいない的な貧乏性の僕。

塗り終わった状態がこちら。

Fusso TabletPCを塗ったくりました。8〜10時間乾燥させます

写真にもある塗りムラ的な何かは、
乾いてからティッシュで拭き取ればよいらしい。
ここから8〜10時間放置です。
(2012/10/6/21:00頃)

夜にコーティングして一晩寝かすのがいいかもしれません。

ちなみに1週間おきに2〜3回やると長持ちするそうです。
普通のフィルムも定期的に変える物なので、
コスパ的にはあまり変わらないと思います。

ちなみに散布してから乾くのが早いため、
作業中の写真はまったく撮ってませんよっと(え

乾いて使えるようになるのが楽しみです(∩´∀`)∩

【2012/10/7 10:00追記】 

はい、一晩経ったiPhone 5がこちら。

Fusso TabletPCを塗ったくって一晩寝かせたiPhone 5

ツヤッツヤすぎて映り込んだ背景にフォーカスが\(^o^)/
iPhoneの美しさをそのまま堪能できるすばらしさ。

タッチ操作時の滑り具合はフィルムには及びません。
指が湿ってると滑りは悪いですw
でも慣れてくればちょっとクセになるかもしれない。

このへんは完全に好みの問題。

一つ注意していただきたいのは、フッ素コーティングしたからといって液晶の強度が上がるわけではありません。

指紋汚れに対して効果があるだけです。
つまり僕のiPhoneはほぼ全裸(ノーガード)\(^o^)/

なめこさん達が何かを運んできたよ!

んふんふ♪

わーい、なんだろう?

ガサ

ガサ

ガサ

ガサ

・・・これは!?

 

 

Lightningケーブル(厨二病)じゃないですか!

相方に感謝!
なめこ達に感謝!

(∩´∀`)∩<ありがとうー!

cheero Power Plus 大容量モバイルバッテリーを買いました。

どうも、僕です。

先日、注文した三種の神器の一つモバイルバッテリー。
前々から一つ大容量の物が欲しいと思っていたのですがタイミングを逃しまくり。
iPhone 5を購入を機にこちらを注文しました。

cheero Power Plus のモバイルバッテリー です。

その容量なんと、10,000mA!

 iPhoneなら約4回ほど充電可能です。
まだちゃんと使ってないので感想はおいおい。

 

 cheero power plusの同梱物

  • cheero power plus本体
  • 電源用ケーブル
  • 各種変換アダプタ
  • 専用の袋

各種変換アダプタは左から・・・

  • Apple Dock
  • Nokia
  • Galaxy Tub
  • microUSB
  • miniUSB
  • Samsung

大体のモバイルがジェットに対応できそうですね。

 

 cheero power plus の重さ

重量は大容量だけあって250gと少し重めです。
もってみると結構ずっしり。

iPhone 4SとGALAXY S3をいっぺんに持つよりは軽いです。

 

dockケーブルが朽ち果てました

毎日暑くてグロッキーの僕です。
いつまで続くのでしょうかこの気温(´•ω•`;)

だましだまし使っていたdockケーブルに、
とうとうこの時がやってきてしまいました。

寝る時はもっぱら枕の下。
発火しなくて良かったよ!

こうなるまえの段階で、ケーブルが太くなり黄色く変色しておりました。

大変危険なので、おかしいと思ったら早めに新品と交換しましょう。

僕は反面教師ですね!