Anker iPad mini ウルトラスリムキーボードカバー買いました

iPad などのタブレット端末は何かと重宝しますが、文字入力がどうしても不便です。

そこで持運びにも適したキーボードがないかと探してみたところ、お手頃な価格でカバーとしても使えるこちらの商品を購入しました。

Anker iPad mini  ウルトラスリムキーボードカバー

シンプルな箱に収められており、中身もかなりシンプル。

シンプルな箱 中身もシンプル

本体の他に、取扱説明書、滑り止めシール2セット、充電用microUSBケーブルが付属してます。

本体と取扱説明書、滑り止めシール 充電用microUSBケーブル

本体の色はシルバー

背面はシルバーで金属っぽく見えますがプラスチック製です。同じくシルバーのiPadと組合わせるとかなりの一体感が生まれると思われます。

シルバーな背面

残念ながら僕のiPad miniはスペースグレイですが、それでもあまり違和感はないと思います。

iPad miniと合体 わかりづらいけど合体

マグネットギミック搭載

マグネット搭載で、Smart Coverの用にiPad側面に装着できます。またカバー開閉による本体のスリープON・OFFも可能です。

装着したまま開いた状態

上記画像でわかると思いますが、適度な角度で固定ができません。故にいちいち外してキーボードの溝に挿し込む必要があります。また、差込んだ状態だとわりと急な角度になるため、別途タブレットスタンドなどがあるとSo Goodです。

適当なスタンドを所持していないため、右の画像ではSmart Coverと組み合わせてみました。

キーボード本体の溝にiPadを挿し込みます Smart Coverとのコラボレーション

滑り止めシールで安定

そのまま使用すると、置く場所の素材によっては滑ってズレてしまいます。そこで付属の滑り止めシールをバランスよく貼付けましょう。シールは2セット同梱されています。

付属の滑り止めシール バランスよく4カ所に貼付けます

無理矢理だけどSmart Coverと同居も可能

結構無理してるように見えますが、わりと余裕を持ってSmart Coverを挟み込む事ができます。キーボードカバーのマグネット部分が、Smart Coverのマグネット部分に合体。

以外とくっつくマグネット ハンバーガーのようだ

折り畳むとハンバーガーのようですね。見た目的にも無理がありますが可能ですよってことで(苦笑

使い心地

キーボードの基本スペックは以下の通り。

  • サイズ:210mm x 140mm x 8mm
  • 重さ:211g
  • Bluetooth:3.0
  • キーピッチ:13mm
  • 連続使用時間:100時間

僕は普段JIS配列のキーボードを使用しているため、US配列アレンジにあたふたしてしまいますが、US配列使いであれば早く慣れると思います。

小型ながらも15mmピッチを実現してはおりますが、普段は普通サイズのキーボードをお使いの方にはちょいと窮屈かもしれません。

また僕だけかもしれませんが、Enterキー(なぜかMac風なのにReturnじゃない)がDeleteキーより小さいため、押し間違いが発生します。

Enter小さい

僕の満足度

やはり大きさがネックですがまずまずな満足度です。

何事も慣れ、大事。

またiPad miniと組み合わせて持ち歩くと合計500gを超えてしまうため、軽さのメリットが少々行方不明になります。

小さいなりのデメリットがありますが、3000円前後で買えるため1つあっても損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>