iPhone 6 Plusで起きるリンゴループ

最後に記事を書いたのはいつの日だったか・・・。
ローテンションでこんにちは、僕です。

はい、iOS8.2の文字入力が糞すぎて話にならないレベルだったので、アレ、試したんですよ。

「全ての設定をリセット」

なんだかいつまでたってもホーム画面行かないんですよねぇ。
あれ?なんだか再起動繰り返してね?

たまに赤い画面もみえ・・・

\リンゴループ発生/

こうなると初期復元以外に回復の方法は無いらしい。
今日Mac持ってきないんだけど!!!!!

iCloudのバックアップ昨日だし・・・。

ああ、妖怪百姫たん!とかアイドルクロニクルのお昼までのデータ死んだなぁ・・・。ああ・・・。

リンゴループなぅ

SoftBankのSIMでアクティベーション後、みおふぉん(IIJmio)のSIMは使えるのか?

はい。無事に開封されましたが本番はこれからです。

SoftBankのnanoSIMでアクティベーション後、みおふぉん(IIJmio)のnanoSIMは使えるのか?

この最大の謎に挑みたいと思います。

今回はSIMロックフリー版のiPhone 6 Plusを購入したので、どんなSIMでもサイズが合えば使えるはず・・・。

何故か情報がないSoftBankSIMでのアクティベーションその後。

到着するまで試せないため色々と情報を探してみた物の、全然ヒットせず。なんとか探し当てた情報はこんな感じで・・・。

  • Apple直営店で購入した場合、特殊なSIMでアクティベーションを行なう。
  • 過去にSIMロックフリー版iPhoneをSoftBankSIMでアクティベーションしたらSIMロックフリーではなくなってしまった事例がある。

フォロワーさんが探した情報を頂いたりもしましたが、大丈夫!という情報はTwitterでぽろっとツイートされた1件しか無い状態でした。

こりゃぁ自分で試さないとわからんな。

人柱覚悟でやることを決意。

まずはSoftBankのSIMでアクティベーション

何はともあれ、まずアクティベーションを行なわないとiPhoneは使えません。

SoftBankのnanoSIMでアクティベーションするよ

SIMトレイにSoftBankのnanoSIM(iPhone 5sで契約してたSIM)をパイルダーオン!iPhoneのSIMスロットに挿入します。

アクティベーションなぅなぅ

アクティベーション後は画面の指示に従い初期設定を行ないましょう。

表示モードが選べるようだ

なんか表示モードの選択が出てきたがiPhone 6 Plusは大画面!拡大なんてもったいないからもちろん通常サイズで!

初期設定完了!さあ、はじめよう!

ひとしきり初期設定が終わり、ようこそiPhoneへ!
ちなみにSoftBankのSIMではこの後とくにプロファイル等をインストールしなくても普通に使えました。

ここからが本番、みおふぉん(IIJmio)のnanoSIMと交換

いくら探しても情報が出てこないのはここから先、いよいよSIM交換の時間です。

docomoからMVNOしたIIJmioのnanoSIM

やっと出番が来たみおふぉんSIM。ちなみに新規契約ではなくdocomoからMNPしました。

台紙からSIMを外します。割らないように慎重にね。

SIMカードを割らないように慎重に台紙から外しましょう。

SoftBankのSIMと交換。無事にSIMフリーの実力はいかに。

SIMトレーオープン。SoftBankSIMとみおふぉんSIMを交換し、SIMトレーをiPhone本体に挿入。

とりあえずアンテナピクトは立ってるけどまだ終わりじゃないよ

未設定の常態でアンテナピクトが表示されておりますが、この常態ではまだ使えません。これからみおふぉんのAPN構成プロファイルをインストールします。

みおふぉんプロファイルのインストール

みおふぉん公式サイトでAPN構成プロファイルが配布されているので、まずは該当iPhoneでこちらにアクセスしましょう。

構成プロファイルをタップ

構成プロファイルをタップします。

インストールをタップ 署名がないよ?はいはいクマクマ。インストールなのです。

インストールをタップ。次の画面で署名がないよ?と聞かれますが、はいはいクマクマ。インストールをタップ。

iPhoneにパスコード設定しているので入力します しつこいけどインストールを三度目のタップ

iPhoneにパスコードを設定した人はパスコードを入力します。しつこく「インストール?」ときかれますが辛抱強くインストールをタップしましょう。

これでAPN構成プロファイルの設定が完了し、みおふぉんでの通信が使えるようになりました。

もうひとがんばり!クーポンスイッチアプリをインストール!

簡単にみおふぉんを説明すると以下の通り。

  • 高速クーポンと呼ばれる物をONにすることで、高速通信ことLTE通信を行なうことができる。
  • クーポンは自前で購入の他、毎月プラン(2GB、4GB、7GB)に合わせて発行される。
  • クーポンOFF、もしくはクーポン残量が0になると、200kpbsの低速通信になり、直近3日間で366MBという通信量制限が発生。
  • 高速クーポン使用中は、クーポン容量の範囲内であれば直近3日間の通信量制限が発生しない←これポイント
  • クーポンの残量は翌月に引き継がれる

このクーポンのON・OFFがキモになりまして、通常だと公式サイトの会員ページにログインして設定から行なわなければなりません。

・・・それは面倒だからやりたくないねー。

iOS、Android共に設定を変更するアプリが配布されているのでそちらをサクッとインストールしましょう。

AppStoreからIIJmioクーポンスイッチアプリをダウンロード

AppStoreで「IIJ」で検索するとでてくるこちらのアプリをインストールしましょう。

クーポン切替アプリをダウンロードしませう 

アプリを起動するとmioIDとパスワードを入力を求められるので入力します。(ごめんなさい!スクショ忘れました!)

スイッチをONにしたら、忘れず適用をタップするんダ!

問題が無ければメイン画面に遷移します。この画面ではクーポンの残量やスイッチが表示されます。スイッチ(1)のON・OFFを行なった際には、忘れず適用ボタン(2)をタップしましょう。

これでLTEを存分に使えます(クーポンの残量以内で)

設定完了!これで快適LTEライフ!(クーポンの残量内で)

iPhone 6 Plus キター!

はい、このザマから2週間。まさかのご到着でしたこんにちは。

発送まで3~4週間とのことだったけど、突然発送通知がきてあらあらまぁまぁ。
うれしい悲鳴ってやつですね!

iPhone 6 Plusのパッケージは純白

iPhone 6 Plusの箱は真っ白。驚きの白さ

端末の形に凹凸があるだけで真っ白です。
ちなみに本体カラーはシルバー注文しましたが、他の色は箱どうなんだろうねぇ。

初めては頂いた!(開封)

キャリアで購入すると、よほど気の利いたお店でないかぎり自分で開封させてくれません。

初めては僕がいただいた!

しかしこれはAppleから直に購入したSIMロックフリー版。
誰の目を気にすること無く自分で開封できます。ふふ。

ようこそiPhone 6 Plusちゃん

こんにちはiPhoneちゃん!

【備忘録】iPhoneと一緒にAppleCare+注文するのを忘れてしまった場合

かなりお久しぶりですね、僕です。

世の中は新型iPhone発売でにぎわっております。
僕も予約開始日にApple Online StoreでiPhone予約しました。

料金を銀行振込で行ったため、konozama組(発売日に届かない人達)ですがね。

笑え!笑うがいいさ!

それはさておき、重要な事を忘れてました。

Apple Care+の注文忘れた!

本体保証を2年間まで延長し、修理もちょっと優遇してくれるあれ。あれにチェック入れるの忘れてました。詳しい内容は公式ページをチェック。

すでに本体料金お支払い済み、どうすりゃいいのだ?

サポートに電話して聞いてみた

どうやら購入後30日(発送日を初日として)以内であれば、AppleCare+をつける事は可能だそうです。

その際はAppleサポートにお電話すれば購入可能ですが、お支払い方法はクレジットカードのみ!どうしても現金でお支払いしたい場合は、最寄りのApple直営店へお越し下さいとのこと。

面倒で同時に注文したい場合は、やはり一度キャンセルして再度注文し直しだそうです。

Appleサポートに電話が手っ取り早い

注文し直しでは入手までの時間が延びてしまうので、届いてからサポートに電話が手っ取り早いですね。

何はともあれ、発送早まって欲しいと切に願っております。

Anker iPad mini ウルトラスリムキーボードカバー買いました

iPad などのタブレット端末は何かと重宝しますが、文字入力がどうしても不便です。

そこで持運びにも適したキーボードがないかと探してみたところ、お手頃な価格でカバーとしても使えるこちらの商品を購入しました。

Anker iPad mini  ウルトラスリムキーボードカバー

シンプルな箱に収められており、中身もかなりシンプル。

シンプルな箱 中身もシンプル

本体の他に、取扱説明書、滑り止めシール2セット、充電用microUSBケーブルが付属してます。

本体と取扱説明書、滑り止めシール 充電用microUSBケーブル

本体の色はシルバー

背面はシルバーで金属っぽく見えますがプラスチック製です。同じくシルバーのiPadと組合わせるとかなりの一体感が生まれると思われます。

シルバーな背面

残念ながら僕のiPad miniはスペースグレイですが、それでもあまり違和感はないと思います。

iPad miniと合体 わかりづらいけど合体

マグネットギミック搭載

マグネット搭載で、Smart Coverの用にiPad側面に装着できます。またカバー開閉による本体のスリープON・OFFも可能です。

装着したまま開いた状態

上記画像でわかると思いますが、適度な角度で固定ができません。故にいちいち外してキーボードの溝に挿し込む必要があります。また、差込んだ状態だとわりと急な角度になるため、別途タブレットスタンドなどがあるとSo Goodです。

適当なスタンドを所持していないため、右の画像ではSmart Coverと組み合わせてみました。

キーボード本体の溝にiPadを挿し込みます Smart Coverとのコラボレーション

滑り止めシールで安定

そのまま使用すると、置く場所の素材によっては滑ってズレてしまいます。そこで付属の滑り止めシールをバランスよく貼付けましょう。シールは2セット同梱されています。

付属の滑り止めシール バランスよく4カ所に貼付けます

無理矢理だけどSmart Coverと同居も可能

結構無理してるように見えますが、わりと余裕を持ってSmart Coverを挟み込む事ができます。キーボードカバーのマグネット部分が、Smart Coverのマグネット部分に合体。

以外とくっつくマグネット ハンバーガーのようだ

折り畳むとハンバーガーのようですね。見た目的にも無理がありますが可能ですよってことで(苦笑

使い心地

キーボードの基本スペックは以下の通り。

  • サイズ:210mm x 140mm x 8mm
  • 重さ:211g
  • Bluetooth:3.0
  • キーピッチ:13mm
  • 連続使用時間:100時間

僕は普段JIS配列のキーボードを使用しているため、US配列アレンジにあたふたしてしまいますが、US配列使いであれば早く慣れると思います。

小型ながらも15mmピッチを実現してはおりますが、普段は普通サイズのキーボードをお使いの方にはちょいと窮屈かもしれません。

また僕だけかもしれませんが、Enterキー(なぜかMac風なのにReturnじゃない)がDeleteキーより小さいため、押し間違いが発生します。

Enter小さい

僕の満足度

やはり大きさがネックですがまずまずな満足度です。

何事も慣れ、大事。

またiPad miniと組み合わせて持ち歩くと合計500gを超えてしまうため、軽さのメリットが少々行方不明になります。

小さいなりのデメリットがありますが、3000円前後で買えるため1つあっても損はないと思います。